【辛口】結婚したい30代女性が、結婚できない5つの理由を男性目線で伝えます。

寂しそうに海を眺める女性

「結婚したいのに出来ないまま30代に突入してしまった。。」


「30代半ばになってから急に結婚願望がでてきて、婚活頑張ってるけど上手くいかない。。」



という悩みをお持ちの女性の方に向けて
結婚したいの30代の女性が、結婚できない5つの理由
を男性目線で伝えます。



私は、現在の教育の仕事もそうですが、それまでも人と接する仕事ばかりしていました。紹介でのみ仕事をしていたというのもあり年間500〜1000人はお会いし、様々な相談に乗る機会が多かったですが「結婚したいんですよね〜」「彼氏欲しいんですけど出会いがなくて。。」という悩みを聞く機会は非常に多く、その中で【こういう人は結婚できない可能性が高い】という要素が見えてきたので、その経験も踏まえてお伝えしていきます。


「大丈夫ですよ!」と励ます内容ではなく、多少辛口に書きますがご了承ください。


結婚したい30代女性が、結婚できない5つの理由

夕日を見つめている女性


早速、結婚できない5つの理由をご紹介していきます!

理由①自分を客観視できない

需要と供給の変化に気づいていない状態です。


簡単に言うと20代の時のままの自分で勝負してしまうという事で、20代の時は若くて可愛いですし、多少無知があってもむしろそれくらいの方が可愛いと言われたりもしますし、20代であるという事だけで十分に需要がある存在ですが、30代になるとそうはいきません。


別にあなたの本来の価値が無くなった訳ではないので自信を無くす必要はないですが、年が経てば経つほどあなたより若い女性が社会に出てきているので、若さの相対的な価値だけ見れば下がっているのは事実です。


20代の頃にモテていたりチヤホヤされる事が多かったとして、それはそれで良いことですが、それで自分で自分を過大評価し過ぎてしまっていると、30代になってモテなくなった時に「えっ。。」となります。

例えば人気アイドルが20代の時は可愛いだけで売れたとしても、30代になっていけば可愛いだけだともっと若いアイドルが出てきてるでしょうから徐々に売れなくなっていきますが、トークが面白い、ロケが上手い、演技が上手い、など他の強みがあれば変わらず売れ続けるのと同じですね。



つまり、若さという武器が無くなったのであれば、他の武器を身に付ける必要があるという事です。
・聞き上手になる
・料理が上手くなる
・家事が出来るようになる
・穏やかな性格になる

など。

もちろんアンチエイジングなどで若さをキープするというのも大事ですが、「30代で確かに見た目は若いけど中身は。。」という人に正直魅力はあまり感じません。要は男性側が求める需要も容姿以外の要素が大きくなっているという事です。


悲観的に考える必要はなく、逆により魅力的な女性になるチャンスです。
20代の時に結婚していたら向き合うことがなく、結婚した後に良くない結末になっていた可能性もありますし。


「20代の若い時もそんなにモテなかったわ。。」という人にとっても、30代の方がチャンスはあると思います。他の女性達の武器が弱くなっていきますから、あなたが他の武器を磨いていけば少しずつ逆転していくでしょう。


若さや容姿以外に自分にどんな魅力があるか?

それを可能な限り客観的に見てみましょう。

理由②人のストライクゾーンが狭い

野球ボール

結婚したいけどできないという30代の女性を見ていると、もちろん全員ではありませんが人のストライクゾーンが狭過ぎる人が多いです。


人当たりは良いのですが、ちょっとした事で人を嫌いになったり拒絶したりなど、許容範囲が狭い人が多いです。全員と気が合うなんて事はありませんし、無理に仲良くなる必要はないですが、
「そんな事で怒る?」
「そんな事が許せない?」

という人は結婚できませんし、結婚しても長続きしません。


残念ですが人当たりだけ良くてもバレます。
あなたが30代になればパートナーになる男性も30代以降になる可能性が高いですが、そうなると人を見る目は養われてきてますから。


なので、
人の許容範囲を少しずつ広げる努力をしていきましょう。



そのためのポイントは2つ
ポイント①様々なタイプの人がいることを知る
自分なりの「こうあるべき」という基準があり、そこから外れてる人の言動に怒りを感じてしまうケースが多いですが、100人いれば100通りの「こうあるべき」が存在します。


私も元々は自分の倫理基準が非常に強く、他者を軽蔑してしまう事が多かったですが、エニアグラムという性格分析を学んでから人の許容範囲がかなり広がったので、過去に書いたエニアグラムの記事も是非ご覧になってください。





ポイント②相手ではなく自分に焦点を当てる
「なんでこの人はこんなに思いやりがないのだろう?」
「はぁ〜本当この人ムカつく。。」

となった時に、通常はその怒りが湧いた原因を相手にします。
もちろん相手が悪い要素もあるのでしょうが、その原因の矛先を10回に1回でも良いので自分に向けてみましょう。


例えば
「なんで私は〇〇さんにこんなにイライラしたのだろう?」
のようなイメージです。


ここに関しては過去に書いた内観力の記事が参考になりますので、こちらもご覧になってください。




理由③こだわりを捨てられない

大事そうに花を抱える女の子

・結婚相談所には行きたくない
・年収は〇〇万以上でないとダメ
・身長は〇〇センチ以上でないとダメ

など、こだわりが捨てられない人が多いです。


本当に大事なこだわりであれば捨てる必要はないですが、下記2点を自問自答してみて欲しいです。


①一番叶えたい目的の達成にそのこだわりは本当に必要か?
②人の目や世間体を気にしてのこだわりではないか?



①は、例えば恋愛結婚がしたくて結婚相談所には行きたくないという人がいたとして、その人の目的は結婚することで、更になぜ結婚したいのか?を考えていけば「幸せな家庭を築き、毎日幸せに過ごす事」だったとします。


それが目的だとしたら、「出会い方」は大して重要ではありませんよね。出会い方よりも「この人となら幸せな家庭を築いていける」と思える素敵な男性と出会うことの方がはるかに重要です。しかも、お見合い結婚よりも恋愛結婚の方が離婚率が高いというデータもありますから、目的の為には結婚相談所も活用した方が良いと言えます。


この例以外にも、本当は不要なこだたりを執拗に持ち続けてしまっている人は意外と多いです。なので、目的達成の為にそのこだわりは本当に必要か?を問いかけてみましょう。



②は、身長や収入や職業や容姿などのこだわりが、自分が本当に求めているのか?人の目や評価を気にしてなのか?を考えましょう。
周りに自慢できるパートナーを作りたいという気持ちはあって全然良いと思いますし、希望としてもあって良いですが、譲れない条件にまではしなくて良いと思います。


長く付き合っていくとなると、人に自慢できるかどうかは些細な事です。仮に人に何か言われたりしようが、結局その時間の数万倍はパートナーと過ごす時間が長いですから、その時間が幸福な方が絶対にいいです。


容姿や収入は理想通りだけど浮気しまくるわ家事も全くしないパートナーと、容姿や収入は理想通りではないけど誠実で家事や育児もしてくれる優しいパートナーだったら後者の方が【結婚】で考えるとオススメです。


理由④傷つくことを恐れている

カタツムリの殻

出会わなければ結婚の可能性は上がりません。


「出会いがない。。」という人が多いですが、出会いは生まれるものではなく作るものです。

昔であれば出会いがないという理由もあると思いますが、今は出会おうと思えば結婚相談所、アプリ、街コン、などいくらでも方法に溢れています。


過去に酷いフラれ方をしたなどで引きずってしまい次の恋愛にいけないという人もいますが、確かにその傷を与えた原因は相手にあるのかもしれません。ですが、その傷からどの程度の期間で回復するかどうかは自分次第です。女性も男性もどちらも傷つかない恋愛なんて無いと思います。だから、傷ついても乗り越えて行動していくしかありません。


ただ、ゴリゴリ系の営業職を経験すると断られることに免疫が出来たりもしますが、そうでないと人に断れたりするのは嫌ですよね。自分の存在が全否定された気になりますし。。


オススメの解決策としては
①婚活仲間を作る
②コーチング出来る人にコーチしてもらう

です。


先ほどの営業で例えで続けると、営業も断られまくったり酷いことを言われたりすると精神的に大分キツくなりますが、会社に戻って同僚と励ましあったり、上司が励ましてくれたりすることで「また頑張ろう!」となれます。


私も1番最初に入った会社では、個人個人で動く営業で会社にも人がほぼいなかったので、営業で落ち込んだら自分で何とか回復するしかなく引きずることも結構多かったですが、次の会社は年の近い同僚が常に数名は会社にいたので、嫌なことがあっても話して笑いあってすぐ元気になれました。


このように、励まし合える仲間がいることは重要です。周りに婚活してる友人が多ければ一緒に目標設定したりとかして頻繁にやり取りしあうと良いと思いますし、いなければお金払ってコーチングしてもらうのも一つの手です。成果が出ないまま結婚相談所やアプリなどにお金を使い続けるくらいであれば、コーチングしてもらってちゃんと成果出した方がトータルでは費用面でもお得になるはずです。


理由⑤自己肯定感が低い

落ち込んで座っている男性

日本人は統計でも見ても多くの人が自己肯定感低いので気にし過ぎる必要はありませんし、低くても結婚は出来ますが、自己肯定感がかなり低い場合は難しいです。


自己肯定感が低いと
・傷つくことへの恐れが強く、行動力がない
・傷ついてからの立ち直りに時間がかかる
・常に人の目を気にする
・寛容さが低い
・人との関係をこじらせやすい
・思考が偏りやすい
・愛情を求めるのに、愛情を遠ざけるという矛盾が生まれる

などの影響があります。


正確には人それぞれのタイプにもよりますが、先述した①〜④にもかなり悪影響となるので、結婚したいけど全然上手くいかない。上手くいくイメージが湧かない。という方は自己肯定感を高めることをオススメします。高めるというよりは、自分の価値に気づいていくというイメージです。


結婚だけではなく、結婚後にずっと良い関係でいられるかどうかにも自己肯定感は大きな影響を与えます。「ありのままの自分に価値がある」と思えていると、相手の存在もありのままで価値があると心から思えるので、パートナーシップや子育てにもとても良い影響があります。


このサイトには自己肯定感を高める方法は沢山書いてますので、是非他の記事も読んでみてください。


終わりに

仲良くベンチに座っている夫婦

という事で今回は
結婚したい30代女性が、結婚できない5つの理由
をお伝えさせて頂きました。


おさらいすると
①自分を客観視できない
②人のストライクゾーンが狭い
③こだわりを捨てられない
④傷つくことを恐れている
⑤自己肯定感が低い

です。


結婚したいという夢を抱いていても、上手くいかないと心が折れてしまい徐々に「結婚しても良い事無さそうだしな。。」「そもそも、そこまで結婚したくなかったかも」とか結婚したい気持ちを否定しはじめて、結婚しなくて良い理由を探すようになっていきます。


それが悪いことだとも思いませんが、せっかく「結婚したい」と思っているのであれば、叶えて欲しいですし、結婚がゴールではなく、結婚した後に幸せな家庭を築いていって欲しいと願い少し辛口で書かせてもらいました。


素敵なパートナーと結婚する為に、今回の内容が少しでも役に立っていれば幸いです。記事を読んで頂きありがとうございました。


LINE公式アカウントのご案内
自己肯定感を高め、夢を叶えていきたい人の為のLINE公式アカウントです!

主な配信内容
①登録から5日間、自己肯定感を高めるポイントを動画でお送りします。
②月1〜2回ほど、自己肯定感を高める為の情報や本サイトの新着記事情報をお送りします。


個別でのご質問やご相談などもLINEに気軽にご連絡ください♪

友だち追加