男の自分磨きは内面が9割!女性にも男性にもモテる自分作りの為にすべきこと4選

モテたい。。頑張って外見を磨いてみたのだけど結局変わらない。。

周囲に尊敬される人になりたかったけど現実は中々。。どうしたら良いのか。。



こんなお悩みありませんか?


本記事ではこんなお悩みをお持ちの方に向けて、下記をご紹介します。
・男の自分磨きで外見より内面が重要な4つの理由
・モテるために大切な内面5つのポイント
・内面を磨くためにすべきこと4選




私は元々12歳まで不登校で友達も全くいなくて、一念発起して中学で人生を変えてきましたが、正直18歳頃まではずっとダサかったと思います。外見も内面も全然イケてなくて、それからバイトして稼いだお金を使い髪やファッションに使うようになり、先ずは外見だけ磨いていきました。

そしたら、自分で言うのは恥ずかしいですがある程度モテるようになっていったんですよね。ですが。今度はそこから進展することができなくて、今度は内面を磨こうと思い自己啓発にお金を使いまくって合計1000万以上はかけてきました。そうした外見と内面両方を様々な方法で磨いてみての経験からお伝えしますので、是非最後までご覧になって頂けたら嬉しいです!


男の自分磨きで外見より内面が重要な4つの理由


前提として、外見が重要ではないと言いたい訳ではありません。外見も重要ですが、外見を磨く為の情報は既に溢れているので他のサイト見て頂いた方が早いと考えたのと、どちらをより磨くべきかと考えたら内面を磨いた方が絶対に良いと思っているからです。


その理由を3つほどお伝えしていきます。

①内面が磨かれてないと、外見も十分に磨けない

内面と言っても様々な要素がありますが、例えば「自分を客観的に見る力」「自己成長し続ける姿勢」なども内面であり、これらは外見を磨くにも大きな影響を与えます。



■自分を客観的に見る力
自分で自分のことを客観的に見る力がなければ、自分に似合う服や髪型、周りから印象の良い服や髪型、などを選ぶことができません。
「プロに任せれば良い」と言う人もいますが、私の経験上ファッションの店員さんはあなたに似合ってるかどうかよりも「売りたい」気持ちが先行するので正直な意見を言ってくれない人が多いですし、髪もお任せにすると、あなたに似合うかどうかというより美容師さんが得意な髪型にしてくる事が多いです。「似合ってないよ」とストレートに言ってくれるセンスの良い友人がいれば良いですが、常に選んでもらう訳にもいかないので自分で自分を客観的に見れるのが理想です。




■自己成長し続ける姿勢
外見磨いてくにはお金がかかりますよね。髪にも服にもお金かかりますし、バックや財布など身につけるものや、脱毛やエステなども取り入れようと思えばもっとお金がかかります。

なのでお金を稼いでいく事が必要ですが、バイトでも会社員でも高度なスキルが必要だったり強い精神力が必要な仕事の方が収入が高いです。

そのため、外見を十分に磨いていくには常に成長し続けていこうという姿勢を持ち、役職を上げて給与をあげたり、良い給与を貰える会社に転職したり、起業したり、などをしていくことが大事になります。私も学生で実家暮らしをしていた時は髪や服にめちゃめちゃお金かけてましたが、大学3年で一人暮らしを始めた時からしばらくは全く外見磨きにお金使えなかった記憶があります。。



②外見磨いて効果なかった時に持続できない

外見磨いたからといって直ぐ効果がでるとは限りません。そう簡単には出ない人の方が多いと思いますが、途中で折れてしまってはせっかくの努力が無駄になってしまいます。モテるというのは結局確率論でしかないので、行動し続けるしかありません。


どんなにモテる人でも、その人を毛嫌いする人もいる訳で全ての異性から好かれるわけではありません。
プロ野球の世界では打率3割いけば「打てる選手」と評価され、2割だと「打てない選手」とされますが、倍の打席数立てば2割の選手の方がヒット数は多くなります。プロ野球の世界では2割という打率で評価されて打席に立たせてもらえなくなる可能性高いですが、モテるという観点だと関係ありませんから何度打席に立っても良いんです。


モテるためだけではなく、成果を出す人とそうでない人の違いは、成果を出す人は落ち込んでる時間や、行動できずに迷っている時間が限りなく少ないです。落ち込んだり悩んでる時間を全て行動に移すことができれば間違いなく今よりは成果がでます。こうした観点からも内面は非常に大切になります。


③外見でモテても内面が魅力的でなければ進展しない

モテることがゴールでは無く、その先に


・お付き合いしたい
・ワンナイト共にしたい
・結婚したい

など何かしらの目標があるはずです。ただ「あの人カッコいいよね〜」と言われてそれで十分満足♪という人は少ないはずなので笑


長いお付き合いを前提に考えると、モテるという「相手があなたに好意を抱いてくれる」というのが最初のステップであり、確かにここが無いと次に進みませんから一番大事ではありますが、そこから先に進めば進むほど外見の重要性は下がっていきます。相手からしたら、もう外見は既に知っていてYESな訳ですから、あとはまだ知らない内面を少しずつ知っていくという段階になりますが、そこで「え。。」と思われたら進まないですよね。


もちろん「価値観が大きく違った」などであれば進展しない事が必ずしも悪いことではありませんが、「こいつ器小さいな。。」「人としてどうなの。。」「考え方が子供過ぎる。。」など、「外見は良いのに中身が残念な人」と思われては、性格や価値観が違うどうのこうのというより、多くの女性から見限られてしまうので勿体無いです。


外見で好印象であればあるほど、内面が伴わなかった時には凄い勢いで減点されていきますから、外見だけでなく内面も磨いて、知れば知るほど魅力的な人と思われるようになっていきましょう。


④女性からモテても男性からモテない

若いときは「女性にモテたい」という気持ちが強く、それはそれで全然良いと思いますが、歳を重ねるほど女性からモテることの重要性は下がっていく方が多いです。結婚して家庭を築いたり、仕事での出世欲の方が出てきたり、夢や熱中できる趣味が見つかったり、など。


外見を必死に磨けば女性にモテるようになるかもしれませんが、外見だけの魅力では異性からモテても同性からはモテません。ですが、人生全体で考えれば異性からモテることよりも同性からモテることの方が大事だと思っています。


私が心理系の仕事をしている中での経験と、昔会社の人事をしていた中で感じたことなのですが、人に認められたい、注目されたい、尊敬されたい、憧れられたい、という欲求が強い方が非常に多いです。根っこにあるのは「寂しさ」なのですが、この点でいうとモテることでは一時的な解決にしかなりません。


モテさえすれば十分!と考えている人は良いのかもしれませんが、同性や会社の後輩などから慕われ憧れられ、尊敬され、必要とされる。そんな人になりたいという人が多いはずです。その為には外見的な魅力よりも内面的な魅力の方が遥かに大事です。



モテるために大切な内面5つのポイント

ここまで内面を磨くことの重要性を書いてきましたが、具体的に内面のどのような要素が重要になるのか?をこれからお伝えしていきます。

①心の寛容さ

寛容さとは簡単に言えば心の広さです。


頻繁にイライラしたり、すぐに自分の正義を押し付けてくるような人を好きになりますか?「自分は全くそんな事ないな」って思う人は多いですが、そういう人ほど実はこういう面を持っていたりします。相手と知り合って間もない頃は「良く見せよう」と頑張るはずなのでこうした面は出ないはずですが、付き合いが長くなるに連れ【素の自分】が出てきますから隠せなくなります。


あなたも身近な人で「こういう人になりたいな」と思う人は寛容さを持っている人だと思います。


②自然体でいること

モテるために「良く見せよう!」「嫌われないようにしなきゃ!」とすればするほど空回りしがちになりますし、「本来の自分」ではない訳ですからボロが出てきます。


そうは言っても付き合いたての時とかはつい「良く見られたい」と背伸びしがちになりますが、それはそれで良いと思います。ただ、何か人に魅力に感じる時ってその人が「自分らしく自然に生きてる」と感じた時の事が多くないですか?
漫画で人気なキャラクターも、ワンピースのルフィとか、ドラゴンボールの孫悟空とか、鬼滅の刃の炭治郎とか、みんないつも自然体です。


自然体でいるポイントは、人の目や評価を気にしすぎないことです。
こうした比較競争社会で生きてますから、つい人の目や評価を気にし過ぎてしまいますが、他人の評価や世間体などを気にすればするほど自然体とは遠ざかっていきます。「人がどう思うか?」よりも「自分がどうしたいか?」を大切に生きていきましょう。
過去の記事で「人と比べてしまう癖のを治し方」を書いてますので、こちらも是非ご覧ください。



③自立している

精神的な面での自立とは、人に依存し過ぎていない事が重要です。


現在の日本では軽度な方も含めると約1/3が愛着障害やアダルトチルドレン(この2つの言葉はほぼ同義)と言われていて、これは凄い重い症状という訳ではなく(もちろん中には重度の人もいますが)、幼少期の頃に愛情が満たされないまま大人になり、意識的にも無意識的にも愛情を強く求める傾向がある人のことを指します。


その症状は様々ですが、ほんの一例をお伝えすると依存体質になったり、マウントを取ろうとしたり、人のささいな発言に激昂したりなど、精神が不安定になりやすいので、一緒にいるとかなり気を遣う必要があるので、モテたいと思っても相手からするとどう接したら良いか分からなくなってしまうので、アダルトチルドレンを克服し精神的に自立していく事が大事になります。


アダルトチルドレンに関しては過去の記事に書いてますので、こちらも是非ご覧になってください。


④内観する力が高い

内観とは、自分の心の状態や動きを観察することです。
内省とか、自己省察とか、メタ認知などとも似ていますが、自分の感情や思考を俯瞰して見る事だと考えてください。


何かイライラした時とかに、それをずっと引きずる人っていませんか?「いつまで言ってるの?」ってくらい延々と言い続けていたり、そういう人に魅力は感じません。ですが誰だってイライラしたりなど感情的になったりする事はありますが、大事なのはそこで自分の心を観察し「なんでイライラしたんだろう?」と考えて自分で処理できることです。


大切な人を殺されたとかであれば話は別ですが、誰かの発言にムカついたりするのは大抵自分の中に「本当はこうなって欲しかった」という期待があったからです。「愛されたかった」「認めて欲しかった」「大切にされたかった」など。


つまり内観できる力が高いと【人や環境のせいにしない】で、自分で解決していこうとします。
何か起きた時に環境や人のせいにする事は誰にでもあるので良いのですが、ずっと他人や環境のせいにしている人がいたら尊敬できないですよね。。当然モテもしません。


内観する力は何も特別な力ではなく、自分自身と向き合う機会を増やせば誰でも身についていく力です。

⑤視点が広いこと

視点が広いというのは、物事を様々な観点から考えられることです。


例えば身近な例だと、コンビニで外国人の店員さんがレジで物を投げて袋に入れてた時に「お客様の買った商品を投げていれるなんて酷いやつだな」と不機嫌になるか、「この人の育った国だとこういう文化なんだなー」と違いを受け入れて別にイライラしないかは、自分が目の前の出来事をどう捉えるか次第です。


外国の人の例を書きましたが、同じ日本人でも育ってきた環境が違いますから、一人一人の当たり前の基準や正しさの基準が違います。それを理解しようとする事で視点が広がり、①の寛容さにも広がり、心の器の大きい魅力的な人になります。


内面を磨くためにすべきこと4選


続いて、実際に内面を磨くためにした方がいいことをお伝えしていきます。

①自己肯定感を高める

内面で大切な5つのポイントでお伝えした要素が出来ていない、つまり自立できていない(アダルトチルドレンの傾向がある)、心の寛容さが低い、内観できない、などの状態になってしまうのは、心の根っこで「自分は価値のない存在だ」と思っていることが大きな原因です。


ですが、誰も「はい私は価値のない生きてる価値のない人間です」なんて思いたくないので、他者比較の中で自分の存在価値を実感しようとします。


人より勝ろうと努力したり、人の成功を妬んだり、人にイライラしたり、人の目を気にしたり、人よりも優しく振る舞ったり、などをするのですが、それで人から賞賛、承認されることにより「自分は価値ある存在だ」と実感しても、常に周囲の人が自分の望むレベルの承認をしてくれる事はありませんから、自分で自分の価値を認めていく必要があります。


大事なのは
自信
ではなく
自己肯定感
を高めることです。


自信だけ高い人は逆にめちゃめちゃ面倒くさくなり、モテない人が多いです。自信と自己肯定感の詳しい違いはこちらの記事をご覧ください。


②目標を立てる

沢山壁にぶつかったり、挫折したりすることで内面は磨かれていきますが、目標が無ければ毎日をただ淡々と生きていくだけになります。もちろん毎日を楽しく生きることは素晴らしく大事な事ですが、「モテたい」と思っているのであれば、20代30代など若い時だけでも良いので目標を立て一生懸命頑張ることは大切です。


目標にしたい事が特にないし、、とかであれば、目の前の仕事に全力で取り組みましょう。やりがいを感じてなくても、成果を出してお客様や会社に感謝されればやりがいが生まれる事もありますし、自称「仕事ができる人」は別として、自他共に認める「仕事ができる人」はモテる人が多いです。


それで上手くいかなくても落ち込む必要はありません。何かを一生懸命取り組むからこそ向いてる向いてないや、やりがいがもてるもてない、などが見えてきます。中途半端にしかやらなければそれすら分からないままですから。

③多くの経験をする

遊びでも仕事でも学びでも何でもいいですが、多くのことにチャレンジして経験を積みましょう。様々なことに挑戦したり、色んな人と話すことにより自分の視点が広がっていきます。


自分から何か動くのが苦手。。という方は、人に誘われたら断らずに一回は行ってみる!とかでも全然OKです。好き嫌いせずに1回は試してみましょう。

④自分を知る

自分を知る事は、内観する力を養うことに繋がります。
何でイライラしたんだろう?
何で落ち込んでるんだろう?
自分にとって大きな価値基準はなんだろう?

などが分かることによって、自分の精神状態をコントロール出来るようになっていきます。


自分を知るためには性格分析ツールを使うと良いですが、過去にオススメの性格分析ツールをまとめた記事がありますので、こちらも是非ご活用ください。


まとめ

若い時は女性にモテて、歳を重ねても異性同性問わず「あの人カッコいいよね」と言われたら理想的ですよね。


そうした魅力は、他の人が逃げてしまう事に向き合っていく事で出てきます。
つい
・楽したい
・頑張りたくない
・お金かけたくない

という方に私たちは流されてしまいますが、そこを乗り越え自分磨きをしていき、格好いい男を目指していきましょう。


本記事が参考になっていれば幸いです。読んで頂きありがとうございました。

LINE公式アカウントのご案内
自己肯定感を高め、夢を叶えていきたい人の為のLINE公式アカウントです!

主な配信内容
①登録から5日間、自己肯定感を高めるポイントを動画でお送りします。
②月1〜2回ほど、自己肯定感を高める為の情報や本サイトの新着記事情報をお送りします。


個別でのご質問やご相談などもLINEに気軽にご連絡ください♪

友だち追加