【自己啓発に1000万】かけて掴んだセルフイメージを高める5つのポイント

「セルフイメージを高めたい。。」


「セルフイメージを高める為に色々してきたけど、結局変わらなくてどうしたら良いか分からない。。」


「叶えたい夢があって、セルフイメージを高くした方が良いと聞いたんだけど実際何をしたらいいのか。」



こんなお悩みありませんか?
本記事ではこんな悩みをお持ちの方に向けて
・セルフイメージを高める前に知っておくべきこと
・セルフイメージ高める5つのポイント
・セルフイメージを高める上で注意すべき3つのこと

をお伝えしていきます。



私は22歳頃から人生を変えたいと思い、様々な研修やセミナーに参加して合計1000万以上を自己啓発費にかけてきました。気がつけば外車買ったのか?ってくらいのローン支払いになっていて苦しんだ時期もありましたが笑

そのお陰でセルフイメージについてかなり詳しくなり、セルフイメージを高める上で効果的なこと、注意すべきことが分かりましたのでそれを本記事でお伝えしていきます。




そもそもセルフイメージとは何かを簡単に説明しておくと
自分に対して抱いているイメージ
です。



もっと簡単に言えば
「自分は月100万の収入があって当然だ」
「自分はモテて当然だ」
のように
「自分はこうあって当然だ」
という基準値がセルフイメージです。




自己肯定感や自信との違いなどを含め、より具体的なセルフイメージの説明は過去の記事に記載してますので、こちらも是非ご覧ください。

セルフイメージとは。



セルフイメージを高めるには?事前に知っておくべきこと


セルフイメージを高めたいと思ってる人に、先ずお伝えしておきたいことは【順番】が大切ということです。



どういう事かというと、例えば戸建てでもマンションでも良いのですが家を建てようとするなら
①土地があること
②どんな家を建てるか設計すること
③家を建てていく

という順番になりますよね。
土地がないのに家を建てることはできませんし、土地が5㎡なのに100㎡の家を建てることも当然できません。



これが
すごーーーく大切です!!



良く自己啓発セミナーやスピリチュアル系の話だと、セルフイメージを高めることの大切さを語り、アファメーションなどを通してセルフイメージを高めようとしますが、それは土地がないのに家を建てようとしてるようなものです。


だから、その時は「変わった!」のような体感があっても直ぐに元に戻るわけです。一時的に無理やり家を建てても、土地が狭かったり弱いところに家を建てたら突風や地震などですぐ壊れていきますから。



この家に例えた順番をセルフイメージに直すと
①自己肯定感を高める(土地の広さに気づく)
②夢や目標を叶えるにはどんなセルフイメージが必要か考える(どんな家を建てたいか決める)
③セルフイメージを高める(家を建てる)

となるわけです。

なので、先ずは自己肯定感を高めることが大切です。高めると書いてますが、正確には自分の持っている本来の価値に【気づく】ことです。



つまり、土地は元々持っているのですが、それに気づいていないのです。気づいていないか土地が汚染されている状態です。本来持っている自分の価値に気づくことによって、家を建てるのに十分な土地ができます。そこで初めてセルフイメージを高くしていくことができます。


要はセルフイメージを高めようというのは、自分が抱いている【自分の価値】を高めようということですが、高めるよりも先に、勝手に低く見積もってしまっている自分の価値を正しく見ようという事が伝えたいことです。



これからセルフイメージを高める方法を書いていきますが、自己肯定感が低いと感じている方は、先ずは自己肯定感を高める事を行なってください。参考になる記事を貼っておきます。


セルフイメージを高める5つの方法


最初に一番大事なポイントをお伝えしておくと、セルフイメージを高めるには
自分はそのセルフイメージが相応しい人間だと【信じられる要素】を増やすことです。


例えばですが、月100万稼ぎたいと思っているけど今は30万の人が
月100万稼いでる人の
・考え方
・行動
・言葉

を徹底的にマネして1年過ごしたけれど仮にまだ月30万だとしたら「こんな自分が月30万なのはおかしい」と違和感を感じると思いますが、この【違和感】が生まれたらセルフイメージが高くなった証拠です。そうなれば遅かれ早かれ月100万には確実に近づいていきます。


この違和感を作っていく為に、自分はそのセルフイメージが相応しい人間だと信じられる要素を増やしていく訳です。



誰しも、セルフイメージを高めることがゴールでは無いはずです。
叶えたい夢や目標があって、その為にセルフイメージを高くすることが必要だと感じているからセルフイメージを高めたいわけです。

気をつけて欲しいのは
①セルフイメージが高くなるから夢や目標が叶っていく
②夢や目標が叶ったからセルフイメージが高くなった

このどちらのパターンが正しいと思いますか?


答えはどっちも正しいです。

①はマインドを変えるから夢や目標が叶っていくという考え方で、②は先に行動から変えていき、結果としてマインドも変わっているという考え方ですが、マインドも行動もどちらも大切であり、どちらかだけが大事という事はありません。厳密に言えば②は叶う前に既にセルフイメージは高くなってはいるでしょうが。


単純に、マインドの部分も行動の部分も
自分を信じられる要素
を増やしていってるだけです。


自分は月100万稼ぐ価値がある!と1日1000回唱えたところで、行動に何も移してなければ心から自分が100万稼げる自分だと信じられることはないでしょうし、行動だけしていても心の奥では「自分は価値のない人間だ」と思っていたら、それも現実は変わらないでしょうし当然セルフイメージも変わりません。


なので、マインドも行動も大事という前提を持った上で、自分を信じられる要素を増やしていきましょう、これから、その信じられる要素を増やす上で大切なポイントを5つほど紹介していきます。


①少しだけ先の夢や目標を設定する

自分を信じられる要素を増やすことが大事なので、いきなり大きくセルフイメージを高くするの難しいです。


例えば月収が今20万の人が月収100万稼ぎたい!と思って、頭では「できる!』と言い聞かせても無意識レベル(潜在意識)では「無理でしょ!」と否定します。


絶対に無理ではないですが、あなたの言葉、行動、付き合う人、などが変わってない状態で信じるのはかなりレベルが高いです。元々すごい裕層な家に生まれて毎月100万お小遣いを貰っていた人とかであれば「月100万もらえる事が当たり前」の脳になっているので信じられるでしょうが、そうでなければいきなり大きなセルフイメージを持つのは難しいです。



聞いたことある人も多いと思いますが、人にはホメオスタシスという【現状維持しようとする機能】があります。急な変化を脳は【危険】と判断して元に戻そうとするのです。良い面で見れば風邪をひいて熱が出ても体が平熱に戻そうとしますが、自分を変えたいと思っている時には壁になるのもホメオスタシスです。短期間の急激なダイエットがリバウンドしやすいのもこの理屈ですね。


あなたは変わりたいと思っても、脳は「今のままが安全でしょう。だって今まで安全だったじゃない?」と現状に留まろうとするわけです。



こうしたホメオスタシスの影響もあるので、いきなり大きなセルフイメージの変化は期待せずに
小さな変化
を心がけましょう。



その為には、
自分が叶えたい夢や目標が叶った時の
・行動
・言葉
・時間の使い方
・付き合う人

などを明確にイメージできる範囲の夢や目標
を設定しましょう。


明確にイメージできるという事は、今の自分がその夢や目標が叶うことを
少しは信じられている大きな証拠
です。


そしてその為の行動をしていけば確信を持つようになるので、そしたらセルフイメージは変化して、次はもっと高い夢や目標でも明確にイメージできるようになっていき、この繰り返しでセルフイメージはドンドン高くなっていきます。

②欲しいセルフイメージを持っている人と時間を過ごす

ちなみにこれができるなら、①で多少段階を飛び越してもOKです。


先ほどと同様に収入の例で挙げるなら、周りに月100万以上稼いでる人だらけであれば、行動や言葉や習慣などのイメージが明確にできるからです。


ほぼ毎日一緒に過ごすくらいが理想です。週に1回話す程度だと正直あまり効果はないと思いますが、一緒に過ごすのが難しければ有名人でも構わないのでSNSなどでフォローして、欲しいセルフイメージを既に持ってる人を徹底的に観察しましょう。


特に
言葉
行動

が自分にうつるまで何度も見たり聞きましょう。赤ちゃんに言葉を教えなくとも親の言葉を勝手に覚えて話していくように、聞いていればそれを自然と使うようになります。近くにいる人の口癖が自分にもうつっていたという経験はありませんか?それと同じです。


③行動と言葉を変えていく

②で観察した人の言葉や行動もそうですし、①で設定した夢や目標を達成してる自分はどんな行動をして、どんな言葉を話しているかを考え、実際に行動していきましょう。


例えば野球のバッティングの経験値が全く同じ2人の人が1ヶ月後に試合に出るとして、


一人は毎日5本素振りをした
一人は毎日100本素振りをした
どちらの方がヒットを打つ事を信じられますか?


間違いなく100本素振りした人の方だと思います。
してきた行動、積み重ねてきた自分との約束が自分を信じられる要素を増やし、セルフイメージが高くなっていきます。行動をしていきましょう。

④目標をビジュアル化して頻繁に見る

自己肯定感は既にある自分の価値に気づくことなので、家の建築に例え土地の広さに気づくことだとお伝えしました。【気づく】なので一度気づけば中々忘れづらいですが、セルフイメージはそこにどんな家を建てるかなので


「こんな家を建てたい」
というイメージを持っていないと直ぐに忘れていきます。



例えば、新年に立てた目標を今も明確に覚えていますか?
今この記事を見ているのが1、2月頃であれば覚えているでしょうが、大体3ヶ月程度で忘れていくと言われています。

なので、自分はこういう目標を叶えたいというのをビジュアル化(絵や写真などで見える化)して、それを頻繁に見える場所
・PCのデスクトップや携帯の待受け
・家のトイレ

などに設定したり貼って頻繁に見るようにしましょう。意識しないと見ない場所だと見なくなっていくので、無意識でも目に入る場所に貼っておくのがオススメです。

⑤人・情報・モノの断捨離

ここまで言葉と行動を変える大切さは書きましたが

・良い言葉を使う
・良い言葉を聞く
・良い行動を行う
・良い行動を見る


などをしても

・悪い言葉を聞く
・悪い行動や情報を見る


これらの機会が多ければ効果は半減します。要はプラスを増やしてもマイナスが大きければあまり意味がないという事です。ダイエットの為に筋トレの回数を2倍にしても、食べる量が2倍になったら意味が無いようなイメージです。人によってはプラスを増やすよりもマイナスを減らす方が簡単にできるので、マイナスを減らすことも意識しましょう。



あなたが
どんな夢や目標を達成したいのか?
どんなセルフイメージを持ちたいか?
によって減らすべきマイナスの行動は変わりますが、【人・情報・モノ】の断捨離を行うのは効果的です。


例えば

■人の断捨離
付き合う人が変われば、聞く言葉も変わりますし、聞く言葉が前向きであれば自然とこちらも話す言葉が前向きになりますが、逆もしかりです。自分がいくら「前向きになろう!」と意気込んでも周りに「どうせ無理」というネガティブな人で溢れていたらそれも自分にうつっていきます。なので、自分が持ちたいセルフイメージを真逆のような人はなるべく関わらないようにしていきましょう。

■情報の断捨離
例えばニュースなども、見る情報によっては悪い影響があります。暗いニュースが多いですからどうしても使われる言葉が悪い言葉が多いですし、それを脳が自動的に聞いていると考えると恐ろしいです。もちろん情報として知っておかないといけない事もあるでしょうが、テレビを付けっぱなしにしておくのではなくネットで1日5分だけ見るなど、制限を設けるのがオススメです。

■モノ
ニュースを見ないようにしよう、ゲームはしない、など自分の今までの習慣を変えようとしても、家にあるものが同じであれば脳からするとそれをする事が当たり前になってますから中々難しいです。あなたが駅から家に帰る時に意識しなくても家に帰れるのと同様に、無意識にそれを行います。気がついたら無意識にテレビのスイッチを入れていたりはしませんか?
なので、思い切って捨ててしまうこともオススメです。今まで自分が所有していたものを捨てるという行為は、脳に対して「私は変わるからね」という意思表示でもありますし、「テレビ見ない!」と決めた時にそもそも家にテレビ無ければ絶対に見れないですから、それが一番強い方法です。



人の断捨離に関しては、過去の記事にも記載してますのでこちらも是非ご覧ください。

セルフイメージを高める上で注意すべき3つのこと


セルフイメージを高くしていくにあたり、ここは注意して欲しいという事を3つほどお伝えします。

①傲慢にならない

セルフイメージが高くなっても変わらなくても、どちらにせよあなたには価値があるという事を決して忘れないでください。


「自分は価値ある存在だ」という土台の上にセルフイメージを作っていく事で健全なセルフイメージになりますが、その土台の自分の価値が薄くなった状態でセルフイメージだけが高くなっていくと、それは冒頭の方に書いたように土地が狭いところに豪華な家を無理やり建てた状態になります。そうなるとプライドだけが高くなったり、一時的に人生が良くなっても遠くないうちに元の状態に戻ります。


お伝えしてきたように自己肯定感を高め、しっかりと土台ができてからセルフイメージが出来てれば基本的には問題ないですが、運良くいきなり大きなセルフイメージを持ってしまった場合は注意が必要です。



宝くじで1億当たった人が破滅するのと同じですね。
着実にセルフイメージを作っていく人は、土地の上に少しずつ基礎を作って1階、2階と家を建てていくのに対し、いきなり大きな成功をしたことにより基礎がスカスカの40階建てのタワーマンションを作ったら、欠陥住宅なので崩壊しますよね?


なので、いきなり大きなセルフイメージを持ってしまった時(または持ってしまいそうな時)は決して傲慢にならず冷静になりましょう。先程の宝くじの例でいうなら、1回銀行に預けて1年くらい引き落とせなくするのもありですね。


②すぐ変わらなくても焦らない

セルフイメージを高めるには、ある程度時間がかかると思った方が良いです。


今あなたが30歳だとしたら、30年かけて今のセルフイメージが出来上がっている訳ですから、1日や2日で変えるのは不可能です。仮に変わっても一時的なもので、直ぐに戻ります。


10キロ体重を痩せたいと思ってジムに行った時にトレーナーが「大丈夫です。1日あれば直ぐに10キロ落ちますよ!」と言ってきたら怒りますよね?笑



ですが、セルフイメージとかメンタル的な分野だと感覚なので、つい「一瞬で変えられるのではないか?」と考えてしまいがちですが、意識のうち10%程度の顕在意識は変えられても90%以上の無意識(潜在意識)は変えられないです。


なので、ゆっくり時間をかけてセルフイメージを高めましょう。


直ぐ変えられると思うと、変われなかった時にガッカリするでしょうが、時間がかかるものだと思っていれば直ぐに結果がでなくても落ち込みません。焦らず一歩ずつが大切です。



③その夢や目標は本当に求めているものか?

中々思い描いてる状態に辿り着かないとしたら、それはその夢や目標が本当は大して求めていない事の可能性もあります。つまり、持つ必要のないセルフイメージを持とうしてるかもしれないという事です。


私も20代の頃にとにかく「稼ぎたい」と寝る間も遊ぶ間も惜しんで努力してきて、結果として何とか叶えていくことはできましたが、30歳近くになった時に気づいたのは、本当は「誰かに認められたかった」「自分は必要な存在なんだと実感したかった」だけだと気づきました。


つまり、求めているものが本当は違ったんですよね。


結果としてお金を稼ぐことは人に認められる事にも繋がるので何とか達成できましたが、ずっと苦しかったです。その達成の為に犠牲にした事もたくさんあると思います。


ずっと追い求めているのに中々手に入らない

という体感があれば


その夢や目標は本当に叶えたい事なのか?
を自分に問いかけてみてください。



「いやいや当然100万稼ぎたいけど」
「もちろん高級マンションに住みたい」
「もちろん時間も場所も自由なライフスタイルにしたいけど」
と思っているかもしれませんが、意外と自分自身でも気づいていないケースが多いです。



この内容は過去に書いたこちらの記事に詳しく書いてますので、こちも是非ご覧ください。



終わりに

今回はセルフイメージを高める方法をお伝えしてきました。


セルフイメージはあなたの自己実現を加速させてくれますが、今回お伝えしてきたように間違って作っていってしまうと逆に自分を苦しめることにもなります。


正しくセルフイメージを高め、あなたの人生をより幸せに生きていくことに役立ててください。


記事を読んで頂きありがとうございました。




【自己肯定感の学校】LINE公式アカウントのご案内
自己肯定感を高め、夢を叶えていきたい人の為のLINE公式アカウントです!

主な配信内容
①登録から5日間、自己肯定感を高めるポイントを動画でお送りします。
②月1〜2回ほど、自己肯定感を高める為の情報や本サイトの新着記事情報をお送りします。


個別でのご質問やご相談などもLINEに気軽にご連絡ください♪

友だち追加